メイのブログ Written by may

皆既月食2022はいつ何時から日本のどこで見れる?今世紀最後の同時観測とは?

イベント

2022年の皆既月食は5月にもありましたが、これは日本から見ることはできませんでした。

でも、今年「秋」の皆既月食は日本で見ることができるんです。

「赤い月(赤銅色)」が見られますよ♪

では、皆既月食2022について

  • 日時と時間帯
  • 日本のどこで見える?
  • 今世紀最後の同時観測って?

についてご紹介します。

スポンサーリンク

皆既月食とは

その前に、もうみなさんご存知かと思いますが・・いちおう皆既月食とはなんぞや?について

月食とは、地球の影が月を隠す現象のことです。

「太陽・地球・月」の順に天体がほぼ一直線に並んだときには地球の影の中を月が横切っていくので、光がほとんど届かず月が欠けたように見えるのです。

この影の濃さによって呼び方がかわります。

■本影食(濃い影)・・・はっきりと月が欠けたように見えます。月の一部だけが本影に入り込むのを「部分食」、月の全てが本影に入り込むのを「皆既食」といいます。

■半影食(薄い影)・・・影が薄いので目で見ただけで月が欠けているのか分かりません。

画像引用:国立天文台ホームページ

≫子供にも分かりやすい皆既月食の説明はこちらのサイト

皆既月食2022はいつ何時から?

それでは皆既月食2022の詳細な時間をご紹介します。

  • 日時:2022年11月8日(火)
  • 時間:18時9分~21時49分

<皆既月食タイムスケジュール>

18時9分   部分食のはじまり

19時16分 皆既食のはじまり

19時59分 皆既食の最大

20時42分 皆既食のおわり

21時49分 部分食のおわり

皆既となった月は「赤黒い色(赤銅色)」に見えます。

皆既食はおよそ86分間続きます。

スポンサーリンク

皆既月食2022は日本のどこで見れる?

2022年11月8日の皆既月食は「日本のどこからでも見ることができる」んです♪

先ほどお伝えした「タイムスケジュール」も全国どこで見ても同じです。

<2023年以降日本で見える月食>

  • 2023年10月29日 部分月食 ※日本の一部で見える
  • 2025年03月14日 皆既月食 ※日本の一部で(部分月食)が見える
  • 2025年09月08日 皆既月食
  • 2026年03月03日 皆既月食
  • 2028年07月07日 部分月食
  • 2029年01月01日 皆既月食
  • 2029年12月21日 皆既月食
  • 2030年06月16日 部分月食

皆既月食2022今世紀最後の同時観測とは?

さらに、皆既月食2022ではおなじ時間帯で天王星食(惑星食)も起こるので「東京より西側の地域」では、赤い月の向こうに天王星が隠れるようすを観測できます。

これはけっこう珍しい現象みたいです。

しかも、皆既月食と天王星食が同時に観測できるのは、今世紀中は最後になります!

ただ、天王星は肉眼で見ることが難しいので、観察のときは「双眼鏡・望遠鏡」の準備が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

「赤い月」が見られる神秘の天体ショーは、日本のどこからでも見ることが出来ます。

しかも、おなじ時間帯で天王星食も見られるというミラクル♪

しかも、この同時観測はなんと!今世紀最後だって♪

ときたら・・見たくなっちゃいますね。楽しみだなぁー。天気だといいなぁー。

双眼鏡か望遠鏡の準備もお忘れなく。